eAT'12 アワード

アワードジュニア部門

 

eAT'12 award

アワードジュニア部門は、小学生、中学生から高校生まで、コンピュータをつかった新しい表現にチャレンジして、才能を育むプロジェクトとして、18年目を迎えます。
今回からは、表彰の日時と場所を変え、受賞者の子供たちは、ワークショップに参加して、デジタルアニメーションを体験しながらの、クリエィティブワークに取り組んでいました。

アワード一般部門表彰式

eAT'12award

eAT KANAZAWA Digital Creative Award 2012の表彰式は、今年も金沢市文化ホールで行われました。
今回は、例年のような募集テーマを設定したジャンル別や、新規制作のみの募集を変更し、学生は卒業制作なども提出可能にしたため、数は多く無いものの、クォリティの高い作品があつまりました。
アワード表彰式は、山野金沢市長をはじめ審査員のeAT KANAZAWAの実行委員が順に登壇しそれぞれの賞を授与しました。

アワード一般部門

【最優秀賞】

eAT'12award

作品名「おわかれ」  
ONIONSKIN(神奈川県横浜市)

作品の説明
1シーン1カットのクレイアニメーションで制作したミュージッククリップです。ターンテーブルに乗せたレコードから現れ消えていくキャラクター達の、儚くも可愛らしい動きを見てください。

ONIONSKIN on Vimeo
http://vimeo.com/onionskin

アワード一般部門

【優秀賞】

eAT'12award

中島実行委員長より目録を贈呈

優秀賞
作品名「動物の転校生」  
MATSUMO(千葉県船橋市)

作品の説明
クラスに転校してきた村上君は、「動物」の姿をしていた・・・。80年代の小学校を舞台にした、ファンタジーを叙情性のある物語作りを目指して作りました。

動物の転校生
http://www.msformat.com/animal/

アワード一般部門

【実行委員長賞】

eAT'12award

実行委員長賞
作品名「これくらいで歌う」  
椙本 晃佑(滋賀県湖南市)

作品の説明
友人のミュージシャン、ハンサムケンヤの楽曲「これくらいで歌う」の自主制作ミュージックビデオです。平凡な日常に潜む様々な可能性と、人生の選択とは何かというテーマを「これくらいで歌う」という歌詞に乗せてアニメーションで表現しました。

sugimotokousuke.net
http://sugimotokousuke.net/

アワード一般部門

【総合プロデューサー賞】

eAT'12award

総合プロデューサー賞
作品名「間 -あいだ-」  
稲垣 智子(大阪府岸和田市)

作品の説明
この作品は女性のモノローグから始まるように見えますが、実際は双子が会話をしている映像です。二人はお互いが述べる事実の喰い違いによって口論に至り、怒り、突然の相手を叩く行為から彼女たちの行動が巻き戻され、台詞が一文一文、戻っていくことにより、怒りが不条理に収束されていくという手法で構成されています。しかし、最後のシーンは始まりとは違ったものになります。。

Tomoko Inagaki 稲垣智子
http://tomokoinagaki.com/

アワード一般部門

【川井憲次賞】

eAT'12award

川井憲次賞
作品名 「ママのおおそうじ」  
森 宥綺
(東京都杉並区)

作品の説明
お父さんの秘め事が掃除機によって暴かれる様子をコミカルに描きました。

HirokiMori.com
http://hirokimori.com/

 

アワード一般部門

【宮田人司賞】

eAT'12award

宮田人司賞
作品名
「Hiroshima Archiveヒロシマ・アーカイブ」渡邉英徳& ヒロシマ・アーカイブ制作委員会(東京都港区)

作品の説明
「ヒロシマ・アーカイブ」は、広島平和記念資料館、広島女学院同窓会、八王子被爆者の会をはじめとする提供元から得られたすべての資料を、デジタル地球儀「Google Earth」上に重層表示した「多元的デジタル・アーカイブズ」です。1945年当時の体験談、写真、地図、その他の資料を、2011年の航空写真、立体地形、そして建物モデルと重ねあわせ、時空を越えて俯瞰的に閲覧することができます。

ヒロシマ・アーカイブ|Hiroshima Archive
http://hiroshima.mapping.jp/

 

アワード一般部門

【明和電機賞】

eAT'12award

明和電機賞
作品名「ラップムシ スマホアプリ」  
成瀬つばさ(東京都立川市)

作品の説明
「ラップムシ」は、音で遊べる手描きiPhoneアプリ、リズムシシリーズのひとつです。ボタンをタップしていくことでラッパー気分を味わえる「ラップモード」と、レコードを再生したりスクラッチしたりとDJ気分を味わえる「DJモード」に分かれています。自分自身の音楽表現とともに、音を楽しむこと、わくわくをたくさんの人に伝えることが、このアプリでやりたかったことです。

オトノアソビバ
http://otonoasobiba.hiroimon.com/

アワード一般部門

【山口裕美賞】

eAT'12award

山口裕美賞
作品名 「10本の白い足」  
森田志穂(神奈川県厚木市)

作品の説明
人形を使った立体アニメーションと、紙に書いた平面アニメーションをパソコン上で合成させ、制作した作品です。海のシーンでは、プロジェクターを当てて波紋を映し出しながら撮影するなど、実験的な試みもしています。

MORI ガチャ。
http://utyuugatya.at-ninja.jp/

アワード一般部門

【金沢市役所賞】

eAT'12award

金沢市役所賞
作品名「PAPERBOY」  
杉山順哉(東京都豊島区)

作品の説明
2Dアニメーションと紙のキャラクターを使ったコマ撮りによるドタバタアクションコメディ作品です。

HOUSE BLEND
http://www.houseblend.jp/

アワード一般部門

【奨励賞】

eAT'12award

奨励賞
作品名「雨ふらば 風ふかば」  
沼田 友(神奈川県厚木市)

作品の説明
お墓に通い続け、やがてそこに居座ってしまう少年と、それを迷惑そうに見守る少女を描いたひと夏の物語です。冒頭こそコメディタッチで始まりますが、次第に物語は意外な展開へ……。 「お墓」をモチーフに、万物の生と死、長くも短い“ひと夏”という時間、人と人との出会い、そして別れと再生を描き出しました。

沼田友のショートアニメーション
http://numatake.com/6/

アワード一般部門

【川井憲次賞】

eAT'12award

奨励賞
作品名 「ぼくとれいん」  
鈴木 春香(石川県金沢市)

作品の説明
'「人生のレール」という言葉があります。それは「決められた人生」の例えとしてよく使われますが、私はレールが元々敷かれた人生などないと思っています。どんな時でも結局は自分で選択し、自分で敷いてきたはずです。そのような「人生のレール」の本来あるべき姿を、レール、つまり鉄道を使って表現できないかと考えました。

suesuetrain on Youtube
http://www.youtube.com/user/suesuetrain

NTTbanner necbanner nttcom-west banner ntt-docomobanner ntt-finance banner telwel-west banner syoseki banner 金沢市企業局 ntt_com_w.gif