eAT'12 プロデューサー紹介

菱川勢一

 

eAT'12 producer

菱川勢一(映像家)
ドローイングアンドマニュアル株式会社代表取締役
ディーアンドデパートメント株式会社取締役
武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科教授

1969年東京都生まれ。CBSソニーグループ(現ソニー・ミュージックエンタテインメント株式会社)入社。総務部総務課を経て、プロデューサー室に配属、ソニー株式会社広告宣伝部に出向。銀座ソニービルにて数多くのイベント、展覧会のプロデュースアシスタントを担当。1991年渡米。渡米と同時に音楽業界から映像業界へ転身。ポストプロダクションの編集マンと映像プロダクションの制作ディレクターを兼務。年間100本を越えるミュージックビデオ、CMなどの編集エンジニアとして活躍。1993年帰国。フリーランスとして映像作家活動を開始。現代美術家のナム・ジュンパイク、黒澤明作品などを手がける衣装デザイナーのワダ・エミなどのアーティストの展覧会の映像スタッフとして空間映像の演出の数々を手がける。1995年、浜井弘治氏らと3人展「成型」を開催。1996年、吉岡徳仁氏の依頼でISSEY MIYAKE青山本店のディスプレイに映像をデザインし、メディアに取り上げられ注目を集める。一方、インターネット草創期の中でソニーやNECなどの企業と共同で技術実験サイトを公開し、オリジナル作品をweb上で配信開始。1997年、ナガオカケンメイ氏とともに、グラフィックデザインと映像の複合的活動拠点としてドローイングアンドマニュアルを設立。同年、モーショングラフィックスムーブメントの先駆けとなるモーショングラフィックス展を六本木アクシスギャラリーにて開催、映像構成ディレクターとして成功を収める。以降、モーショングラフィックス展は1998年、1999年、2000年に開催され、延べ3万人を超える集客を記録する。この後もモーショングラフィックス表現を駆使した映像やウェブサイトの数々を発表し、影響を与えた。モーションロゴのデザインは50企業を越える。2003年、メディアの複合的デザインスタジオとしてスタンダードシリーズ株式会社設立。映像デザインやWebデザイン、グラフィックデザインのほかブランドデザイン、インタラクションデザインなどで活躍。2008年、武蔵野美術大学基礎デザイン学科准教授に就任。2009年初頭、再びナガオカケンメイ氏とドローイングアンドマニュアル社を結成。
2011年 カンヌ国際広告祭で、NTTドコモの木製携帯電話端末「タッチウッド」のCM(ウェブ版)が金賞を受賞
http://www.youtube.com/watch?v=C_CDLBTJD4M

受賞歴
2000年 ニューヨークADC賞
2001年 ロンドン国際広告賞
2002年 IBA-International Broadcast Award
2005年 iFデザイン賞 アトモスフィア賞など3部門
2008年 アジア太平洋広告祭 銅賞
2009年 ONESHOW INTERACTIVE Merit賞

 
NTTbanner necbanner nttcom-west banner ntt-docomobanner ntt-finance banner telwel-west banner syoseki banner 金沢市企業局 ntt_com_w.gif